中国、コロナ後の「一帯一路」推進を視野

中国の陳海・駐ミャンマー大使は6日、計画・財務・工業省のセ・アウン副相と会談し、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に沿ったミャンマーでのインフラ事業の推進について協議した。電子メディアのイラワジが7日伝えた。 ミャンマー計画・財務・工業省は4月、新型コロナウイル…

関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産運輸政治


その他記事

すべての文頭を開く

ヨルダンの変異種、帰国者から確認(17:49)

ワクチン基金、寄付額が1000万米ドル到達(18:27)

南部特区、3カ国事業を強調 日本の「本気度」問われる展開も(01/19)

新たな感染、500人未満が2日連続=17日夜(01/19)

レオパレス21、越法人を中和石油に売却(01/19)

土地データベース整備、情報の透明性向上へ(01/19)

IMFがコロナで追加支援、3.5億ドル相当(01/19)

ヤンゴンのミャンマー工業港、非効率に不満(01/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン