LG化学が16%減益、コロナで石化需要低迷

韓国のLG化学が28日発表した2020年1~3月期の連結営業利益は2,365億ウォン(約207億円)と前年同期に比べ15.8%減少した。新型コロナウイルスの流行で、中国を中心に石油化学製品の需要が鈍化したことが響いた。売上高は電気自動車(EV)向けの車載電池の販売が伸び、7.5%増…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車電機化学マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、50人増の1万3293人(20:15)

テイクオフ:韓国は今月後半から本格…(07/09)

入国感染者が3カ月ぶり最多 欧米から変種コロナ、拡散懸念も(07/09)

新型コロナ感染者、63人増の1万3244人(07/09)

韓国政府、新興企業の支援センター開所(07/09)

日本の対韓輸出18%減 11年ぶり低水準(07/09)

ソウル大学病院、物品搬送にLG製ロボット(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン