車載電池の寧徳時代、19年通期は35%増益

車載電池大手の寧徳時代新能源科技(福建省寧徳市、CATL)が25日に発表した2019年12月期本決算は、純利益が前年比34.6%増の45億6,000万元(約690億円)だった。中国市場で新エネルギー車(NEV)販売が減少する中でも、自社の車載電池販売量を90.0%増の40.3ギガワット時(…

関連国・地域: 中国-福建
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

地場デジタル銀、テンセント子会社と提携(16:40)

新型コロナ感染者9人増、いずれも海外から(16:45)

テイクオフ:大学の一斉入試「高考」…(07/09)

駐車場、8千万台規模で不足 マイカー普及拡大、建設の遅れで(07/09)

自貿区政策の全国拡大、第6弾37項目を発表(07/09)

MGがEVカーシェア、7月中旬にも開始(07/09)

セメント大手ウルトラ、中国子会社を売却(07/09)

家事代行従業員、800万人をデータベース化(07/09)

5元紙幣を更新、11月から発行開始(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン