• 印刷する

イケアのマカオ1号店開業、入店客数を制限

スウェーデンの家具大手イケアは23日、マカオ1号店をオープンした。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、入店は事前登録制とし、客数を制限して営業している。マカオ・デーリー・タイムズ(電子版)などが伝えた。

マカオ店は、タイパの商業施設「星皓広場(ノバ・モール)」に入居。延べ床面積は約9万平方フィート(約8,360平方メートル)で、売り場は寝室とリビング、キッチンの3つのエリアで構成する。レストランのほか、軽食コーナーやスウェーデンの食品売り場も設けた。営業時間は午前10時~午後10時で、従業員は配送担当も含めて120人。

イケアによると、5月6日までの入店枠は既に埋まっているという。客はマスクの着用などが義務付けられる。


関連国・地域: 香港マカオ欧州
関連業種: 小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

居留証所有者、訪台前のPCR検査不要に(07/03)

新型コロナ感染者11人を確認、1258人に(07/04)

中聯弁トップ、香港国家安全委の顧問を兼任(07/03)

米下院、対中制裁法案を可決 金融機関も対象に、近く成立か(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

多大な関心持ち注視、菅氏=香港国安法で初逮捕(07/03)

インドの中国製品排除に反発、商務省(07/03)

英、香港市民の滞在権拡充=国安法施行受け(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン