• 印刷する

州間移動は3日間に限定、出発地で時期分散

マレーシア連邦警察(PDRM)は25日、新型コロナウイルス抑え込みのための活動制限令が発令された3月18日以前に帰省などで自宅を離れ、戻れなくなったマレーシア人を対象に、5月1~3日の3日間限定で州をまたぐ移動を認めると発表した。出発地となる州によって移動できる日を決め、首都クアラルンプールやスランゴール州から発つ場合は5月3日となる。地元各紙が伝えた。

ハジル・モハメド犯罪捜査局長によると、政府系アプリ「ゲラック(Gerak)マレーシア」で今月25日から申請を受け付け、アプリを通じてQRコード付きの移動許可証を送付する。26日に申請した場合、29日に目的地の確認が必要となる。アプリにアクセスできない場合は最寄りの警察暑でも申請できる。

移動日は出発地ごとに割り振る。出発地が▽ペラ、ジョホール、クランタン各州の場合は5月1日▽ペルリス、クダ、ペナン、マラッカ、パハン各州は同2日▽クアラルンプールと、スランゴール、ヌグリスンビラン、トレンガヌ各州は3日――となる。

移動中は高速道路のパーキングエリアで、トイレを除き、車内での休憩しか許可しない。州間移動のガイドラインや詳細は29日に発表する。

■大学生の帰省は27日開始

これに先立ち、大学生の帰省が27日から始まる。移動は午後9時~翌午前9時に限定する。

イスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(治安担当)は24日、新型コロナの患者数ゼロの「グリーンゾーン」の地域のみを対象に、段階的に帰省を認めると説明。バスに乗車する前に問診を行い、バスの乗車は定員の半分にし、社会的距離を保つ。

学生は各大学から乗車し、車中では食事とマスクを配布し、自宅に最寄りの警察暑か役所で下車する。サバ、サラワク両州へ帰省する学生は、両州政府により14日間の隔離措置がとられる。

イスマイル氏は「対象となる学生の85%に当たる約5万3,000人が帰省を希望し、残り15%はその場に残ることを決めた」と話した。

■隣国から帰国、1日400人許可

イスマイル上級相は26日、帰国を希望しながらシンガポールで足止めされているマレーシア人労働者について、「1日当たり400人に限り帰国を認める」と発表した。事前に在シンガポール・マレーシア大使館が発行する入国許可証の取得が条件となる。

イスマイル氏は「出発日の少なくとも2日前までにオンラインで入国許可証を申請する必要がある」と説明。また、帰国後は政府が用意する施設で2週間の隔離を義務付けることを付け加えた。新型コロナの感染拡大を受け、これまでにシンガポールに滞在するマレーシア人900人が帰国を申請したという。


関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 医療・医薬品運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:在宅勤務が続いても体が…(07/08)

中銀が4会合連続利下げ 政策金利、過去最低の1.75%(07/08)

エアアジアの1Q決算、赤字は前期比2.1倍(07/08)

RM1=25.2円、$1=4.28RM(7日)(07/08)

首都圏で計画断水、14日から最長4日間(07/08)

シンガポールとの往来再開、8月頭にも合意(07/08)

コロナ禍で今年の消費支出0.2%減、フィッチ(07/08)

今年の社債発行額は最大4割減も、地場格付(07/08)

ホンリョン銀、デジタル拡充に1.3億リンギ(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン