【労働関係法の基礎知識】第96回:シンガポールの労働安全・衛生 (その9)

前号では、新型コロナウイルスに関して、職場安全・衛生法(WSHA)の下で従業員に対する雇用主の一般的な義務や付随する留意点について触れた。今回は職場や学校を閉鎖するサーキットブレーカーの期間中、また、その後でも職場安全・衛生を確保する責任を課されている占有者(…

関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

シンガポール伊勢丹、商業施設の売却検討か(15:37)

テイクオフ:子どもの頃、両親に連れ…(01/26)

【年始インタビュー】新型コロナで変わる人事施策 日系の現地化見通しと人材戦略(01/26)

【日本の税務】健康保険の療養費申請について(01/26)

20年のCPI0.2%低下、4年ぶりマイナス(01/26)

コロナワクチンの副反応も保障、保険7社(01/26)

陸上交通機関の従事者、ワクチン接種開始(01/26)

本年度の農産品輸出、39%増え14.6億ドル(01/26)

MRTジュロン線の主要機器、米社が受注(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン