• 印刷する

新たなコロナ治療病院、日本企業が酸素提供

ミャンマー最大都市を管轄するヤンゴン管区政府は、新型コロナウイルス感染症患者を最大2,000人まで収容できる医療施設を郊外に開設した。同管区で新型コロナ患者を治療できる3カ所目の医療施設となった。日本の企業が医療用酸素を供給する。

■日本の北島酸素が設備提供

新たな病院はレグ郡区のパウンジー村にある、行政中央研究所(Central Institute of Civil Services)を活用した「パウンジー・メディカルセンター」で、ヤンゴンに進出する北島酸素(徳島市)が、医療用酸素と酸素の供給設備を提供する。

地元メディアによると、同センターでは4室の集中治療室(ICU)で最大37人を同時に治療できる。特別病棟では240床に酸素吸入器を設置する計画だ。一般病棟の病床数は現在480床だが、2,000床に拡充する。医療従事者の宿泊施設、医療廃棄物を処理する焼却炉2基も稼働準備が整った。

ヤンゴンでは現在、北オッカラパ郡区のウェバギ病院と南オッカラパ郡区の南オッカラパ婦人・小児科病院の2カ所が新型コロナ患者を受け入れているが、満床になった場合、パウンジー・メディカルセンターで受け入れる予定になっている。

ウェバギ病院と南オッカラパ病院の新型コロナ感染者向け病床数は、それぞれ90床と70床。22日午前時点の全国の感染者は127人で、うち98人がヤンゴンに集中している。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 医療・医薬品その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

スー・チー氏、選挙念頭に離島慰問や式典へ(08/11)

軍系野党の有力議員、総選挙の延期要求(08/11)

メコン地域の物流調査、貨物への影響軽微(08/11)

新たに1人感染確認、累計360人=10日朝(08/11)

ヤンゴン公共バス、88%が運転再開(08/11)

コロナの影響で減少、コーヒー豆輸出(08/11)

マグウェー産ゴマ、日照りで供給不足の懸念(08/11)

次期米国大使、中国対抗の必要性を指摘(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン