• 印刷する

コロナで全国民に帰省禁止、違反者に罰則も

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は21日、イスラム教断食明け大祭(レバラン、今年は5月24~25日予定)を前に、ジャカルタ首都圏から地方への帰省を全国民に禁止する方針を表明した。運輸省高官など政府関係者は、違反者に対して罰則を科す考えを示している。

政府はこれまで、帰省禁止は公務員や国営企業社員、軍警察関係者に限定し、国民には帰省を自粛するよう呼び掛けるにとどめていたが、さらに厳格な措置に踏み切った。

ジョコ大統領は国民に帰省を禁止する理由について、「帰省を希望する国民がいまだに多いことが調査で分かった」と述べた。運輸省の調査で、帰省すると回答した人の割合は全体の24%に上った。「既に帰省した」と回答した人は7%、「帰省しない」は68%だった。

ルフット調整相(海事・投資担当)はこの日の会見で、24日から帰省を禁止すると説明。来月7日以降は罰則も適用すると明らかにした。ジャカルタ首都圏から地方またはその逆の出入りは禁止するが、首都圏内の移動については禁止しないと説明した。首都圏の鉄道や公共交通機関も運行を継続する。

運輸省陸運局のブディ局長は21日の声明で、公共輸送車両や自家用車、二輪車が感染地域を出入りしないようにするためのシナリオを準備したと説明。首都郊外からジャカルタに入る道路については、封鎖ではなく、交通量を制限する考えを明らかにした。

その上で罰則については、衛生隔離法『2018年第6号』を適用することができると説明。PSBB規定に違反した場合と同様に、帰省を強行する人に対しては最長で1年の禁錮刑、最大1億ルピア(約68万円)の罰金を科すことができると説明した。

運輸省陸運局のブディ局長は帰省禁止措置の一環で、公共輸送車両や自家用車、二輪車が感染地域を出入りしないようにするためのシナリオを準備したと説明した(アンタラ通信)

運輸省陸運局のブディ局長は帰省禁止措置の一環で、公共輸送車両や自家用車、二輪車が感染地域を出入りしないようにするためのシナリオを準備したと説明した(アンタラ通信)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

認可制度の抜け穴で森林破壊=環境団体(13:33)

テイクオフ:コロナ下で2度目の断食…(04/14)

現代自がEVの充電器設置 リッポーと、民間企業の設置進む(04/14)

ダイハツ1~3月小売り3万台、3月伸長(04/14)

バラン・エナジー、電動バイクを限定販売(04/14)

三菱商事の合弁、首都郊外で駅周辺開発(04/14)

チカンペック高架道の名称、MBZ高架道に(04/14)

バンドン高速鉄道、1駅追加し全5駅に(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン