• 印刷する

高度人材の募集、観光の回復は4Q以降に

人材サービス大手エン・ジャパン傘下のベトナムのナビゴス・グループは17日、第1四半期(1~3月)の高度人材の需要リポートを発表した。新型コロナウイルス感染症の流行に伴う規制強化の影響が出る中、観光業界では第3四半期(7~9月)までは回復が見られない見込み。1~3月は製造やITなどが伸びたが、繊維・衣服などが落ち込んだ。

1~3月の中堅・高度人材の需要は、製造が前年同期比27%増、ITが7%増とそれぞれ伸びた。ただ、製造のうち繊維・衣服では、従業員を休ませる企業もあり、求人が滞った。サプライチェーン(供給網)の寸断で原材料を調達できず、一時停止した工場もあったが、物流の問題が解消されつつあり、再開の流れとなっている。

観光業では、第3四半期末または10月以降に緩やかに回復に向かうとみている。第4四半期(10~12月)にプラス成長に戻り、来年に需要が戻ると見込む。銀行も、新型コロナウイルスを契機にデジタル化を加速させる傾向があり、今後の経営方針で人材需要が左右されるという。

人材需要が高まっている産業としては、電子商取引(EC)とエネルギーを挙げた。ECは、人材確保に向けて(小売りなど)伝統的な事業よりも高い給与を提示する傾向が、向こう3~5年は続く見込みだ。エネルギーでは、再生可能エネルギー関連の需要が力強く伸びている。

第1四半期の日系企業の求人数は堅調に推移した。ただ、新型コロナウイルス対策で査証(ビザ)や労働許可証の取得手続きが遅れる傾向にある。ナビゴスは、ベトナム人幹部を増やそうとする機運もあると指摘した。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 繊維その他製造金融IT・通信小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

南北高速鉄道27年着工目指す 総額587億$、党政治局判断へ(08/16)

ホンダ二輪価格に落ち着き、供給回復で(08/16)

三菱倉庫、物流大手ITL株13%強取得(08/16)

カイメップ・チバイ港、航路改良事業が承認(08/16)

バンブー航空、新会長に元国営航空副社長(08/16)

タングステン供給世界一、実現は不透明(08/16)

年内の発電用石炭はほぼ確保、電力公社(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン