• 印刷する

地場金融の尚乗国際、来年にも香港上場へ

香港の金融グループ、尚乗集団(AMTDグループ)の蔡志堅(カルビン・チョイ)会長兼最高経営責任者(CEO)はこのほど、傘下の投資銀行、尚乗国際(AMTDインターナショナル)の株式を、早ければ2021年にも香港取引所(HKEX)に上場すると明らかにした。尚乗国際は19年8月に米ニューヨーク証券取引所(NYSE)に、今年4月8日にシンガポール取引所(SGX)にそれぞれ上場を果たしており、香港取引所への上場が実現すれば、3取引所での上場となる。14日付信報が伝えた。

蔡氏はまた、新型コロナウイルスの流行で世界経済が景気後退局面に入ることを見越し、知名度の高い欧米の金融機関のM&A(合併・買収)を模索していることも明らかにした。自社の事業は新型コロナウイルスによる影響はそれほど受けていないと説明。経営規模の拡大に向けより大胆な取り組みを行う考えを示した。

尚乗集団は今年の利益目標額のうち約6割をこれまでに稼いだという。同グループにとって重要な収益源の一つである尚乗国際の運用資産残高(AUM)は年初から2億8,000万米ドル(約302億円)増えた。


関連国・地域: 香港シンガポール米国
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

新たに8人がコロナ感染、累計5088人に(19:00)

イオンクレアジア、中間決算は2割減益(18:25)

テイクオフ:「キッチンの仕事を見つ…(09/30)

政府の官有地売却収入が低迷 入札不調続く、財政に影響も(09/30)

コロナ対策「おおむね維持の方向」、林鄭氏(09/30)

コロナ感染対策、ほぼ現行のまま延長=政府(09/30)

健康コード、まずビジネスと親族訪問から(09/30)

新たに4人感染、域内ゼロ=計5079人(09/30)

反落、連休前で薄商い=香港株式(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン