• 印刷する

テイクオフ:マレーシアでは、家にこ…

マレーシアでは、家にこもることが「ニューノーム(新基準)」となっている。心と体を健全に保つため、読書やパズル、オンライン学習などを始めたり、愛犬を飼ったりする人が増えている。一方で、家にこもることが苦痛な人もいるようだ。

先週、友人から夜遅く「車のエンジンがかからない」と電話があった。彼女の家までは10キロメートル以上離れているにもかかわらずだ。彼女から翌朝、家族と一緒にいると言い争いになるため、活動制限令の間は、友人宅を回っていると教えられた。

家にいることを嫌がる人たちの理由が分かった。ネット上のエンターテインメントは、退屈をしのぐためではなく、あまり仲が良くない人と同じ家にこもらざるを得ない人たちのためなのかもしれない。母が毎晩料理を作ってくれるだけでなく、両親と充実した時間を過ごせることに感謝している。(張)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア継続に「黄信号」 監査が注記、同社は業績回復強調(07/10)

ダイキン、空気清浄機を年内に現地生産へ(07/10)

RM1=25.2円、$1=4.26RM(9日)(07/10)

融資返済猶予適用、6日時点で514億リンギ(07/10)

現代トランシス、マレーシア系企業と合弁(07/10)

外国人採用前に地元で求人を、人的資源相(07/10)

SOCSO、3千万リンギを不正給付か(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン