• 印刷する

3月輸入物価が下落、原油価格の急落で

韓国銀行(中央銀行)が14日に発表した2020年3月の輸出入物価指数動向によると、輸入物価指数は100.84(2015年=100)と、前年同月に比べ7.7%下落した。2カ月連続のマイナス。新型コロナウイルスの感染拡大による原油価格の急落が響いた。

輸入価格の変動は、将来の物価に影響を与えるとされる。項目別(前年同月比)で見ると、原材料は26.1%下がった。このうち鉱産品は29.5%下落した。

中でも、原油(45.7%減)の下落幅が目立った。アジア市場の指標となる中東産ドバイ原油の月間平均スポット価格が1バレル33.71米ドル(約3,635円)と、前月比で37.8%下落した。韓国銀行はNNAの取材に対し、「新型コロナの感染拡大による世界経済の減速が続いている。石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟国による協調減産の協議が決裂し、サウジアラビアが増産姿勢に転じたことも影響した」と話した。有煙炭も17.6%減少した。一方、農林水産品は5.7%上昇した。

中間財(素材や部品)は2.8%下落した。「石炭および石油製品」は36.7%下落。半導体とディスプレーを含む「コンピューター、電子および光学機器」も3.2%下落した。一方、「機械および設備」が9.0%増加。「電気設備」と「化学製品」はそれぞれ、5.4%、1.8%増加した。

資本財は7.6%、消費財は4.5%上昇した。

輸出物価指数は96.59と、3.3%下がった。ウォン安米ドル高が進んだにもかかわらず、10カ月連続の下落となった。石炭や石油製品、化学製品などを中心に下落した。輸出物価の下落は、企業の採算性に否定的な影響を与えるとされる。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

韓国車の世界販売台数、6月は19.0%減(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

新型コロナの感染者54人増、光州市で急増(07/03)

サムスンSDSで感染者、蚕室社屋を閉鎖(07/03)

6月消費者物価、1カ月でマイナス脱却(07/03)

韓国土地住宅公社、北部に工業団地造成へ(07/03)

21年の最低賃金、労働者側16.4%引上げ要求(07/03)

サムスン、QD有機EL設備の搬入開始(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン