インフル予防接種需要急増、CSLが増産

オーストラリアでは、冬期を控えインフルエンザの予防接種の需要が急増しており、薬局や一般開業医(GP)で在庫が不足している。このため、製薬大手CSLはワクチンの供給を一層強化させている。CSLはまた、開発は12~18カ月先とみられる新型コロナウイルスのワクチンの臨床…

関連国・地域: オーストラリア米国
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ禍でオーストラリ…(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

三菱地所、シドニーで住宅開発 レンドリースとの共同事業第3弾(07/03)

レンドリースが3億$超の赤字か、建設遅延で(07/03)

三菱系BMA、QLD炭鉱に自動トラック(07/03)

豪の19年EV販売、5割以上はテスラ車(07/03)

豪住宅価格2カ月連続下落、今後も需要減か(07/03)

家具グリーンリット、子会社分社化で上場へ(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン