• 印刷する

活動制限令で経営悪化、自営の半分は無収入

マレーシア統計局が実施したアンケート調査によると、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた活動制限令の影響で、自営業の半数近くが無収入であることが分かった。アンケートは3月23~30日に15歳以上の16万8,182人を対象に実施した。

調査対象者の11.7%(1万9,675人)を自営業者が占めた。自営業者の46.6%は「無収入で事実上営業休止状態」と回答。残りの53.4%は「営業を継続しているが、収入は減った」と述べ、自営業者が大きな影響を受けている状況が浮き彫りとなった。

また、自営業者全体の71.4%は「貯蓄で生活資金をカバーできる期間は1カ月未満」、81.9%が「活動制限令が(今月15日以降)延長された場合の備えはない」と答えている。

全体の2.9%(4,877人)を占める経営者は、86.1%が「利益に影響が出ている」と回答。うち65.9%が「減少幅は50%以上」と答えた。

一方、企業の従業員にはほとんど影響がないことも分かった。政府系企業と多国籍企業では従業員の約85%、民間企業では58.5%が「現時点で収入に変化はない」と回答した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

グラブ、フードコートの新宅配サービス開始(18:57)

テイクオフ:生活にITが欠かせなく…(09/30)

アジア新興国の成長率、20年は0.9%=世銀(09/30)

【4000号特集】アジア経済はいずれ回復する 中尾ADB前総裁に聞く(09/30)

今年GDPは4.9%減、世銀が予測下方修正(09/30)

NEC現法、官公庁向け大型案件に意欲(09/30)

国営電力、ジョ州LNG火力への出資70%に(09/30)

RM1=25.4円、$1=4.16RM(29日)(09/30)

4Q景況感は3期連続のマイナス圏、D&B(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン