FPT、「戦時モード」で18%増益目指す

ベトナムのIT最大手FPTのチュオン・ザー・ビン会長は8日、新型コロナウイルス感染症の影響に立ち向かうため、「戦時モード」の経営に移行する必要があるとの考えを示した。会場とオンライン会議システムで開催された定時株主総会で発表した。9日付ダウトゥ電子版が報じた。…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

電動バイクのペガ、キューバ向け輸出を開始(07/09)

自動車登録料の半減策、販売増に効果(07/09)

南部の工業不動産、4~6月に賃料上昇(07/09)

トランスコスモスが第2拠点(07/09)

IFC、フーミーフンに80億円のコロナ融資(07/09)

越IT企業が日本法人設立=ジェトロ支援(07/09)

大容量海底ケーブルSJC2、21年完成へ(07/09)

東急建設、BIM強化へ海外企業買収(07/09)

ハノイに韓国IT学校開設、人材難解消へ(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン