金融庁、銀行の資本・流動性規制を一時緩和

シンガポール金融管理庁(MAS、中央銀行に相当)は7日、銀行に対する資本・流動性規制を一時的に緩和すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、銀行が融資の余力を増やし、経済に還流させるのが狙い。2021年9月30日まで実施する。 資本規制緩和では、国内の銀…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【ウィズコロナ】デジタル化・現地化を促進 東南アジア日系企業の変革(上)(10:58)

外国人入国者数が過去最低、4月は748人(06/06)

建設3社が談合で罰金処分、動物園の入札で(06/06)

カナダのメディコム、マスク工場設置へ(06/06)

新規感染344人、計3万7527人・死者25人(6日)(11:54)

新規感染261人、計3万7183人(5日)(11:46)

コロナ追跡で端末導入へ、住民配布も(11:29)

日系75%が上半期に減収予測 コロナ禍、昇給率見直しへ(06/05)

SGX上場企業、1~3月期の純利益4割減(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン