群聯と聯電、医療向け需要対応で生産加速

フラッシュメモリーコントローラーICで台湾大手の群聯電子(ファイソン)が、ファウンドリー(半導体の受託製造)大手の聯華電子(UMC、聯電)と協力し、生産期間の大幅な短縮に努めている。従来の2カ月から3週間短縮することを目指し、医療設備向け製品の需要に対応する。…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染、286人増加(06/11)

鴻海、半導体シルテラに間接出資(06/11)

新型コロナの域内感染、250人増加(06/12)

政府にコロナ検査拡充を提言 急死相次ぎ、自宅での検査も検討(06/11)

台湾系工場、1100人出社停止 製靴大手、南部でも影響拡大(06/11)

鴻海、コロナの社内検査を開始(06/11)

壱電視のカメラマン死亡、コロナ感染(06/11)

新型コロナの域内感染、263人増加(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン