縫製協会、会員6割が新型コロナの影響

カンボジア縫製協会(GMAC)は、加盟する縫製工場の6割以上に、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う深刻な影響が出ているとする見方を明らかにした。主要な出荷先である欧州連合(EU)と米国から、縫製の注文取り消しが相次いでいるためだ。クメール・タイムズ(電子版)が…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 医療・医薬品繊維


その他記事

すべての文頭を開く

コロナワクチン接種、4月までに50万人目標(01/26)

中国系企業、北部で風力発電の事業化調査(01/26)

【日本の税務】健康保険の療養費申請について(01/26)

中小企業の新定義、主要産業別に策定(01/26)

1~11月の対日輸出額、9%減の1594億円(01/25)

インド直行便運航、コロナ収束後に実現へ(01/25)

コロナ感染者8人増、累計456人に(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン