武漢から7万人が出発 封鎖解除初日、移動増で再流行懸念

湖北省武漢市は8日、新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため1月23日から実施していた封鎖措置を解除した。武漢の空港を発着する国内便や鉄道、高速道路の通行が再開。同日は航空便と鉄道で合わせて約7万人が武漢を離れたとみられる。ただ人の移動が正常化するにつれ、無症状…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品運輸社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

中国MG、ステーションワゴンのEV発表(19:49)

QSのアジア大学ランク、NUSが首位維持(19:33)

21年の祝日発表、春節連休は2月11日から(17:07)

内モンゴル、満州里で感染者9人増(19:25)

「中央政府の支持」を前面に 施政演説、大湾区など推進(11/26)

テイクオフ:大連の知人が結婚前に住…(11/26)

度重なる中国系アプリの禁止 新たに43種、中国政府が反発(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン