施設で唾液提出、空港の全入境者に義務付け

香港政府衛生署は8日から、香港国際空港からの全入境者に対し、新型コロナウイルスへの感染を調べるため空港近くにある臨時検査センターで検体とする唾液の提出を義務付けた。同センターで長時間の待機を強いられる可能性があるとして注意を呼び掛けている。 検査センターは、空…

関連国・地域: 中国香港欧州
関連業種: 医療・医薬品運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

香港との隔離なし往来再開、7月に判断(13:32)

ワクチン年齢12歳に引き下げ 対象682万人に拡大、校内接種も(06/11)

新たに2人感染、域内はゼロ=計1万1874人(06/11)

壱電視のカメラマン死亡、コロナ感染(06/11)

ペニンシュラ、従業員にワクチン接種強要か(06/11)

ゲンティンのクルーズ船到着、抽選会を実施(06/11)

7日続落、一部主力銘柄に売り=香港株式(06/11)

香港航空が再編計画、パイロットに有給休暇(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン