会社存続で「解雇」も選択肢 活動制限令で運転資金に苦慮

マレーシア政府の活動制限令で操業停止中の企業の中には、運転資金の不足により従業員の解雇を検討せざるを得ないところも出てきている。専門家は、減給や無給休暇で乗り切れない企業にとって、会社存続のための「解雇」も有力な選択肢の一つだと指摘する。一方、政府は6日、追加…

関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 医療・医薬品サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

外国人労働者住宅に基準、順守に3カ月猶予(05/29)

コロナ禍でも転職活動活発、リーラコーエン(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

NEC、コロナ対策の体温測定システム販売(05/29)

RM1=24.7円、$1=4.36RM(28日)(05/29)

誠品書店がマレーシアに出店へ、東南ア初(05/29)

アクシアタ、5G調達先に華為含む2社検討(05/29)

高等教育機関のオンライン授業、年内継続(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン