武田薬品、新型コロナ治療薬で豪企と提携

武田薬品工業は6日、オーストラリアの製薬大手CSLと、新型コロナウイルス感染症の治療薬の開発について提携契約を締結したと発表した。武田とCSLは参画するほかの4社と共に、新型コロナ感染者への有望な治療薬になるとみられる血漿(けっしょう)分画製剤の開発に注力する…

関連国・地域: オーストラリア日本米国欧州
関連業種: 医療・医薬品化学


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:知人がけがで入院し、公…(06/03)

豪ヴァージン入札、候補2社が決定(06/03)

西シドニー空港鉄道、恩恵少ない=地場大学(06/03)

小売・飲食店、交通規制で客足伸び悩む?(06/03)

小売業界、「計画的破綻」相次ぐ可能性も(06/03)

ビシニティーが巨額増資へ、小売客激減で(06/03)

スキンケアのDr Roebuck’s、コロナで破綻(06/03)

豪住宅価格0.4%減、さらに下落の可能性も(06/03)

〔オセアニアン事件簿〕QLD州境閉鎖は不合理!企業と個人が提訴(06/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン