武田薬品、新型コロナ治療薬で豪企と提携

武田薬品工業は6日、オーストラリアの製薬大手CSLと、新型コロナウイルス感染症の治療薬の開発について提携契約を締結したと発表した。武田とCSLは参画するほかの4社と共に、新型コロナ感染者への有望な治療薬になるとみられる血漿(けっしょう)分画製剤の開発に注力する…

関連国・地域: オーストラリア日本米国欧州
関連業種: 医療・医薬品化学


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近、シドニーにある我…(06/23)

クリーン水素の原産地証制度 豪州が確立へ(06/23)

国内初の金生産、モンドルキリで開始(06/23)

伊藤忠、QLD州でアンモニア生産に参画(06/23)

フォーテスキュー、水素プラント建設用地確保(06/23)

シドニーで感染増加、NZがバブル一時停止(06/23)

5月のVIC小売売上げ減少、ロックダウンで(06/23)

自宅オフィスへの支出増、豪小売業界に追い風(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン