• 印刷する

空港第2ターミナル、需要減で1年半閉鎖へ

チャンギ・エアポート・グループ(CAG)は、空港第2ターミナルを5月1日から1年半にわたり閉鎖すると発表した(CAG提供)

チャンギ・エアポート・グループ(CAG)は、空港第2ターミナルを5月1日から1年半にわたり閉鎖すると発表した(CAG提供)

シンガポールのチャンギ空港を運営するチャンギ・エアポート・グループ(CAG)は6日、第2ターミナルを5月1日から1年半にわたり閉鎖すると発表した。新型コロナウイルスの影響で航空会社の減便・欠航が続いていることを考慮した措置となる。

第2ターミナルは拡張工事を進めている。閉鎖することで完工時期を最大1年前倒しの2023年にできる利点があるという。同ターミナルを利用する航空会社は他のターミナルに振り分ける。

旅客処理能力が他のターミナルより小さい第4ターミナルについては、減便・欠航を受けて一部の搭乗ゲートを閉鎖し、小売店も営業時間を短縮している。さらに減便・欠航が増えれば閉鎖する可能性があるという。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日系75%が上半期に減収予測 コロナ禍、昇給率見直しへ(06/05)

SGX上場企業、1~3月期の純利益4割減(06/05)

豪とNZ、7月に空路再開か 当初は首都間限定、難局も(06/05)

5月PMIはやや改善、不況水準は脱せず(06/05)

偽装解雇には助成金剥奪などの処分=人材相(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

当局が職場3カ所を閉鎖、コロナ対策違反で(06/05)

感染追跡アプリ義務化、中国からの渡航者に(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン