経済支援策の第3弾を発動 職場閉鎖へ、51億Sドル拠出

シンガポールのヘン・スイキャット副首相兼財務相は6日、新型コロナウイルス感染症の流行で打撃を受けている国内経済の支援策の第3弾を発表した。7日から職場の閉鎖を原則義務付ける「サーキットブレーカー」措置により経済がさらに低迷することを考慮し、51億Sドル(約3,900億…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

NEC、コロナ対策の体温測定システム販売(20:03)

新規感染373人、計3万3249人(28日)(18:16)

早期の総選挙実施、副首相が支持(17:07)

外国人単純労働者の削減、経済団体が反対(16:29)

国立大、環境債で3億Sドル調達(16:28)

テイクオフ:当地では約2カ月に及ぶ…(05/28)

「コリビング」住宅の需要堅調 コロナ後も在宅勤務で市場拡大へ(05/28)

サービス業売上高1%下落、コロナで娯楽悪化(05/28)

通年の輸出額、最大4%減少=企業庁予測(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン