《安全》11人目の感染者確認、パプア国籍の男性

ラオスの英字紙、ラオス・タイムズ(電子版)は5日、同国の新型コロナウイルス感染症の患者が11人になったと伝えた。 11人目の患者は、同国の鉱山で働くパプアニューギニア国籍の55歳の男性。シンガポールとタイ経由で3月23日にラオスに入国。首都ビエンチャンのホテルに宿泊し…

関連国・地域: ラオスパプアニューギニア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

休業中の賃金、労働省が企業に規制順守要請(06/05)

ニコン、タイ・ラオス工場で計700人削減(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

入国の申請手続き、外務省が詳細通達(06/04)

営業再開に感染対策順守を、情報省が通達(06/03)

今年はマイナス成長、ADB根岸氏が講演で(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン