• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアでニュー…

オーストラリアでニュースを見ていると、これまで以上に専門家が在宅インタビューを受ける例が増えている。面白いのは、彼らが家のどこを中継の背景に選んでいるかだ。

何もない白い壁を背景にする人もいれば、別の人は、何かの認定書か賞状のような額を後ろに掲げていた。ジャーナリストのヒンチ元上院議員は、家の中でキッチンを背景にするのがベストだと判断したようだった。一方、映画のコメンテーターは、シリアスなネタではないからか、自分の犬と一緒に、外出自粛中に楽しめる映画を勧めていた。

彼らを見ると、自分もテレビ会議での背景を考えるべきだと思い始めた。いっそのこと公園に行き、自然を背景にテレビ会議に出るのもこの際ありかと考えた。ただ、外出自粛規制違反で警官に罰金刑を受ける恐れがある。悩ましいところだ。(欣達)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

三菱重、SAの水素事業会社にマイナー出資(17:08)

テイクオフ:初夏になり、芝刈りの季…(11/26)

NSW州、社会規制さらに緩和 オフィス出勤も促進(11/26)

豪ブラックフライデー、売上高50億$規模に(11/26)

豪消費者の景況感が改善、年末商戦に追い風(11/26)

小売各社、店舗の賃貸契約期間を短期化へ(11/26)

家賃未払いで利益、不動産企が小売大手批判(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン