20年成長率はマイナス2%も けん引役の民間消費も失速、中銀

マレーシア中央銀行は3日、2020年の実質国内総生産(GDP)成長率が前年比2.0減~0.5%増になるとの予測を発表した。国内外の新型コロナウイルス封じ込め措置の影響で、世界的にサプライチェーンの混乱が生じているためだ。19年の4.3%(速報値)から大幅な低下となる。GDPの…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マハティール前首相に取…(09/29)

次期選挙は不出馬、引退へ マハティール氏、大いに語る(09/29)

8月の輸出額は3%減、3カ月ぶり前年割れ(09/29)

RM1=25.2円、$1=4.18RM(28日)(09/29)

新規感染115人、サバ州が98人(09/29)

首都圏でコロナ拡大、商業施設5カ所が公表(09/29)

首都空港のコロナ検査設備増強、混雑緩和へ(09/29)

国営電力、発電所7カ所の新規免許を取得(09/29)

サラワク州の北部沿岸高速道路、来年に着工(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン