• 印刷する

ダバオ市、外出・移動制限を強化

フィリピン南部ミンダナオ島のダバオ市政府は、4日夜から外出・移動制限を強化した。期間は19日までを予定している。人の移動を最小限にとどめ、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ。

ジプニー(フィリピン式乗り合いバス)の運行は、政府関係者や一部企業の通勤用を除いて禁止する。ただタクシーやトライシクル(三輪タクシー)は人数制限などを順守すれば、従来通り運行できる。

午後9時から午前5時までは夜間の外出を禁止する。午前5時~午後9時に外出する際は、勤務先の身分証か各家庭に配布される食品・医療パスを携行し、バランガイ(最小行政単位)の検問所などを通過する際に提示する必要がある。

食品・医療パスには1世帯につき2人の名前が記載され、どちらか1人が食料品や医薬品の購入、病院の受診のために外出できる。

食料品店や銀行、薬局、病院などは引き続き営業が可能。午後5時から午前8時まで酒類の販売、提供は禁止される。

ダバオ市は先に、貨物便などを例外として、同市を発着する全ての国内航空便の運航を停止した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ビサヤ諸島やミンダナオ…(05/28)

保険各社、ネット販売に活路 コロナ対策で認可、新規需要狙う(05/28)

コロナ感染新たに380人、累計1万5049人(05/28)

外出制限緩和を提案、首都圏開発庁(05/28)

統合IRのオカダ、コロナで1000人削減(05/28)

比越首脳が電話会談、南シナ海問題で協力(05/28)

1.3兆ペソの景気刺激法案、下院委が可決(05/28)

港湾ICTSI、貨物量が年初来2割減(05/28)

アジア開銀、資本市場強化に4億ドル融資(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン