• 印刷する

主要港・国境の貨物輸送、4~7日のみ許可

マレーシア運輸省は3日、同国の主要港に保管されている全ての物品の輸送について、4~7日の4日間の期間限定で認めると明らかにした。国家安全保障会議(NSC)との合意を受けて決定した。

対象はスランゴール州クラン港、ペナン州ペナン港、ジョホール州の各港、マラッカ州マラッカ港、パハン州クアンタン港、サラワク州ビントゥル港の各港と、タイとの陸路国境のペルリス州パダンブサル。各港の倉庫には、ほぼ保管能力いっぱいの貨物が滞留しているため、今ある全ての貨物を倉庫から搬出させる。

運輸省は3月27~29日にも、1日24時間体制での滞留貨物搬送を許可。同月18日からの活動制限によって各港で足止めされた貨物を大幅に減らす効果が見られたことから、引き続き実施することを決めた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ特需、ゴム手袋周辺産業にも恩恵(12:30)

テイクオフ:「商売繁盛ですね」。営…(06/04)

短期的な回復計画、月内発表 産業界は無利子融資など要望(06/04)

RM1=25.5円、$1=4.27RM(3日)(06/04)

就業者の7割が職場復帰、先月17日時点で(06/04)

上場企業1Q決算に失望感、半数が予想以下(06/04)

コロナ影響長期化、M&A加速を予想=EY(06/04)

ジャパン・エキスポ、今年はバーチャル開催(06/04)

岱宇国際、7月まで受注いっぱい(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン