• 印刷する

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測

アジア開発銀行(ADB、本部マニラ)は3日、2020年の東南アジアの国内総生産(GDP)成長率が1.0%になるとの見通しを示した。新型コロナウイルス感染症の流行を背景に、昨年12月時点の予想値から3.7ポイント下方修正。主要6カ国全てで見通しを引き下げた。タイはマイナス成長になるとみている。

観光業への依存度が大きいタイは、予想値を従来のプラス3.0%からマイナス4.8%へと大幅に引き下げた。

成長率が1%未満となったのはマレーシアとシンガポール。マレーシアは0.5%と前回予測値から4.2ポイント、シンガポールは0.2%と同1.0ポイントそれぞれ引き下げた。

フィリピンは4.2ポイント低下の2.0%、インドネシアは2.7ポイント低下の2.5%とした。

19年に7.0%の成長を見せたベトナムは、4.8%まで鈍化する見込みだ。

ADBはアジアの新興国45カ国・地域全体について、20年に2.2%成長すると予測。12月時点の予測値から3.0ポイント下方修正した。

21年の成長率は、東南アジアで4.7%、アジア全体で6.2%とみている。


関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスに関…(06/03)

シンガポールで制限緩和、職場や学校一部再開(06/03)

隣国の景気悪化、波及に懸念 成長率1桁台後半のマイナスも(06/03)

シンガポール航空、大阪便を6月に再開(06/03)

陸運大手、タクシーで医薬品配達サービス(06/03)

2国間高速鉄道の協議再開、建設業界に朗報(06/03)

配車グラブ、感染予防で助手席の利用禁止(06/03)

在宅勤務で生じた経費、税控除の対象に(06/03)

イー・エージェンシー、日系の資金調達支援(06/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン