• 印刷する

ポスコ、インドネシアに車鋼板工場を新設か

韓国の鉄鋼最大手ポスコが、インドネシアで同国3カ所目となる自動車用鋼板加工工場の建設を計画しているもようだ。2日付ソウル経済新聞などが伝えた。

ポスコはこのほど経営委員会を開き、インドネシアに自動車専用の鋼板加工センター(P―IJPC)を新設するための増資を決定した。増資額は明らかにされていないが、年産10万トン規模になる見込み。第1・2工場と合わせると、ポスコのインドネシアでの生産能力は合計で年30万トンに増強される。

インドネシアは毎年5%以上の経済成長を遂げており、なおかつ平均年齢が29歳と若い点で、ポスコは有望市場と判断して投資を推進している。インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)によると、昨年は東南アジアで最多となる103万台の自動車が販売された。


関連国・地域: 韓国インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、49人増の1万1590人(18:55)

現代製鉄が電気炉停止、受注減で生産調整へ(18:10)

テイクオフ:廃校となった小学校を活…(06/03)

サムスンがNAND投資拡大 コロナ禍で需要増、超格差戦略へ(06/03)

Uターン企業への支援拡大、条件も大幅緩和(06/03)

デジタル・エコに6.7兆円投入、経済再生へ(06/03)

韓国がWTO提訴再開へ、日韓貿易対立巡り(06/03)

新型コロナ感染者、38人増の1万1541人(06/03)

5月の新車販売36%減、コロナで海外伸びず(06/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン