• 印刷する

《安全》感染16人に、新たに63歳女性=2日正午

ミャンマー保健・スポーツ省は4月1日、新たに中部エヤワディ管区出身で最大都市ヤンゴンに短期滞在していたミャンマー人女性(63)が新型コロナウイルスに感染していたことが分かったと発表した。2日正午までに確認された感染者数は、16人になった。

女性は3月15日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイから帰国した息子を迎えにヤンゴン国際空港に出向いた。そのまま、ヤンゴンの北オッカラパ郡区で息子と一緒に過ごしていたところ、2週間後に症状が出て31日に病院を受診。4月1日に陽性と診断された。女性には糖尿病の持病があり、政府の指定する病院で集中治療を行う。

地元メディアによると、女性が滞在していた北オッカラパ郡区の一部地域は封鎖された。

ミャンマーでは、2日正午までに見つかった感染者16人のうち、がんを患っていた69歳の男性が死亡した。治療中の15人のうち、14人は軽い症状にとどまっている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ガソリン3割高騰、政変後に 銀行機能不全とチャット安で(05/07)

一般行政局を再び内務省傘下に、軍関与強化(05/07)

国連はミャンマーへの武器禁輸措置を、NGO(05/07)

銀行の現金不足深刻、預金の引き出し続く(05/07)

企業登記、4月は反転し前月比5割増に(05/07)

コロナ再拡大に懸念、周辺国のまん延で(05/07)

連結純利益は史上2番目=丸紅社長(05/07)

天然ゴム価格が低下、需要の冷え込みで(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン