• 印刷する

テイクオフ:香港は来週10日(金)…

香港は来週10日(金)からイースター(復活祭)の4連休。例年であれば、春の旅行シーズンに当たり、香港国際空港(チェクラプコク空港)はこの連休の直前や初日は海外や中国本土に出掛ける香港人や香港在住外国人、また最終日とその直後は香港に戻ってきたこれらの人々で大にぎわいとなる。

しかし今年はもちろん、そうはいかない。新型コロナウイルスの世界的流行で各国が外国人の入国を禁止または規制している上、香港発着の旅客定期便も航空各社の減便や運休で大幅に少なくなり、海外旅行はほぼ絶望的だ。このイースター4連休、香港国際空港は例年とは様変わりの「静けさ」になるのはまず、間違いあるまい。

来年のイースター連休、香港国際空港は果たしてどうなっているだろう。例年通りのにぎわいを取り戻していてほしい――。多くの人がそう、願っている。(和)


関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品運輸観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新たなコロナ感染者3人、累計1102人(06/05)

金融当局が香港ドル売り介入、9.8億HKドル(06/05)

前行政長官、「踏み絵」迫る 国家安全法、英銀2行が支持(06/05)

8割が国家安全法に懸念、香港米国商会調査(06/05)

香港、天安門の追悼強行=安全法に反発(06/05)

採決強行、国歌条例案を可決=香港立法会(06/05)

国家安全法「極めて少数が対象」、韓副首相(06/05)

中国、香港マカオ担当組織を格上げか(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン