• 印刷する

テイクオフ:一斉に逃げ惑う市民で現…

一斉に逃げ惑う市民で現場は修羅場と化していた。食糧支援を求め、1日にケソン市の庁舎を訪れた数十人。取り締まりに配置された警官ともみ合いになり、複数が取り押さえられた。地面に倒れる人や手錠をかけられる人が、投稿された動画に映し出されていた。

外出制限が課せられているため、複数人による「集会」は禁止されている。これを根拠に当局は鎮圧に動いた。市長の心情はどうだろう。あるメディア関係者は「市長よ、市民はあなたを必要としている」とつぶやいた。どちらに正義があるかは問題ではない。生活が困窮する不安に駆られれば、市民は行動するのだと訴えているように見えた。

食料はある、医療現場は改善している、完全な都市封鎖はフェイクニュースだ――。政府がいくら言葉で訴えても、実感できなければ不安はぬぐえない。新型コロナウイルスの影響は日常生活に色濃く表れている。(内)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地に住む人々の頭を悩…(06/03)

「出稼ぎ大国」に異変 コロナで帰国者増、送金2割減も(06/03)

外国人の入国禁止緩和、現時点で未定(06/03)

コロナ感染新たに359人、累計1万8997人(06/03)

政府、訪問米軍地位協定の破棄保留(06/03)

店内飲食を16日にも許可、貿産省(06/03)

首都圏の制限緩和初日、通勤は大混雑(06/03)

マニラ地下鉄の駅増設、計画を一部変更(06/03)

財閥ユチェンコ、ホンダ・いすゞ販売店閉鎖(06/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン