• 印刷する

政府の新型コロナ対策に1兆元、蘇院長

台湾行政院(内閣)の蘇貞昌院長(首相)は3月31日、新型コロナウイルス感染症の影響緩和に向けた産業救済策、経済振興策の政府支出が1兆台湾元(約3兆5,800億円)に到達するとの見方を示した。今後さらに多くの救済・振興策が打ち出されることになりそうだ。聯合報など台湾各紙が伝えた。

立法院(国会)の質疑応答で発言した。蘇院長は「新型コロナウイルスの状況変化に伴い、台湾政府は将来的に、1兆元規模の資金を全体の対策に充てる」と説明。現時点での具体的な資金として、特別予算の600億元や中小企業支援を目的とした台湾中央銀行(中銀)の2,000億元、各種の政府基金などによる計4,000億元規模の資金供給を挙げた。今後も各種の政府支出を拡大していく考えだ。

蘇院長は産業、業種に合った救済・振興策を打ち出すとして、現在政府が協議を進めていると明らかにした。


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

マンダリン台北、6月から客室予約停止(12:59)

新型コロナ感染者、7日連続ゼロ(15:26)

テイクオフ:わが家に眠る資産を活用…(05/28)

【肖像】水+電気が消毒水に 創浄科技の陳建宏執行長(05/28)

鴻海などEMS3社、中国工場で採用活動(05/28)

大立光電が蘇州工場を売却、台湾回帰へ(05/28)

瑞イクのR&D費、20年は過去最高額に(05/28)

サイムダービー、中華圏で自動車事業拡大へ(05/28)

XRスペース、5G対応のVR機発表(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン