• 印刷する

テイクオフ:タクシー運転手が隣の州…

タクシー運転手が隣の州で建設中の複合都市に向かおうとしたので、慌てて行き先を訂正させる。マスクをしていると声が口ごもってしまうせいか、目的地が正確に伝わらない。とはいえ、マスクをしないで外出するのは、ご時世柄少しはばかられる。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため外出自粛を政府が呼び掛けて以来、外は人も車もまばらだ。食料調達に訪れた近所の商業施設は客足は少なく、飲食店街も大半が休業中だった。遠出しようにも、心なしかタクシーの台数が少ないようだ。やっと捕まえた1台で冒頭の一騒ぎがあったものの、渋滞することなく順調に目的地に着く。やはり異常事態なのだと思わざるを得ない。

聞けば交通量の減少に加え、雨期の降雨によりジャカルタの大気汚染は急速に改善しているという。なのに世界最悪の交通渋滞が今はなぜか懐かしい。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首都の社会制限は段階的緩和 6月は移行期間、出勤は8日から(06/05)

バンテン州、州内2県1市の出入りを許可制に(06/05)

労働者に住宅購入基金への加入を義務付け(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

コロナ復興予算、677兆ルピア規模(06/05)

中銀、銀行の準備預金に1.5%の利子適用(06/05)

SBI、初の当地特化合弁ファンドを設立(06/05)

電気料金を9月末まで据え置き、エネ省(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン