• 印刷する

非常事態宣言、発令向け法整備進める

カンボジア政府は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け、非常事態の宣言を見据えた法整備を進めている。フン・セン首相は3月30日、非常事態宣言発動の根拠となる法案を策定したことを明らかにした。クメール・タイムズ(電子版)が31日伝えた。

法案は4月3日の閣議で承認を得る見通し。カンボジアでは憲法第22条が国王による非常事態宣言の発動を定めているが、具体的な法律は整備されていなかった。

フン・セン首相は「新型コロナウイルスへの対応の一環として、法律の整備が必要だ」と指摘した。法務省のチン・マリン広報担当官は、法案について「国家の秩序を守るためのもので、国民の基本的権利を侵害するものではない」と説明。法の執行は政府が注意深く監視し、反政府団体のメンバーを逮捕するなどの目的に使うことはないと強調した。

フン・セン首相はまた、大勢が集まる集会は継続して自粛を求めるが、飲食店や商店などはこれまで通り営業を認める意向も示した。 


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 医療・医薬品サービスマクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

早期の建設を要請、日系絡む水力発電所(06/03)

首都物流拠点計画、月内に本格事業化調査へ(06/03)

事業登録プラットフォーム、今月立ち上げへ(06/03)

アンコール遺跡の旅行客、1~5月は6割減(06/03)

今年のGDP、マイナス2.9%成長も=世銀(06/02)

米ドル紙幣回収で混乱、首相が事態収拾へ(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン