• 印刷する

1~3月のFDI、21%減の85.5億ドル

ベトナムの計画投資省がこのほど発表した、今年1月1日~3月20日までの海外直接投資(FDI)と外資によるベトナム企業への出資・株式取得は計3,517件だった。金額ベースでは前年同期比20.9%減の85億5,000万米ドル(約9,500億円)。うち、半数近くが1月に認可されたシンガポールの発電所案件となり、これを除くと半減している。

内訳は、新規投資が758件、認可額は44.8%増の55億米ドル。これを国・地域別でみるとトップはシンガポールの64件・42億470万米ドルで、全体の8割近くを占めた。同国企業による南部バクリエウ省での液化天然ガス(LNG)発電所の投資案件(40億米ドル)がけん引した。

以下に、中国の113件・4億5,590万米ドル、韓国の210件・2億8,440億米ドル、香港の67件・2億4,590万米ドルが続き、日本は93件・1億2,030万米ドルで5位だった。前年同期から54.7%減少した。

このほか、追加投資は236件・18%減の10億7,000万米ドル、出資や株式の取得は2,523件・65.6%減の20億米ドルだった。

■製造業への投資は21%減

産業別でみると、「電気・ガス・水道」が40億6,590万米ドルで首位。「加工・製造」は前年同期比21%減の27億2,460万米ドル、「卸売り・小売り」は28.5%増の6億8,230万米ドルだった。

地域別では、LNG発電所案件のバクリエウ省がトップで、ホーチミン市(10億5,255万米ドル)、南部タイニン省(5億680万米ドル)、ハノイ(4億7,760万米ドル)が続いた。タイニン省は、中国企業のトラック・バス用ラジアルタイヤ(TBR)の工場への追加投資(1億3,800万米ドル)が認可されている。このほか、同期の実行額は6.6%減の38億5,000万米ドルだった。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

越の航空業、国内線は正常化 業績悪化は不可避、損失30兆ドン(06/05)

国内生産車の登録料半減、政令草案を調整中(06/05)

ビンファスト、登録料ゼロのキャンペーン(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

物流業界の電子化急務、コロナ禍で再編加速(06/05)

ビンフオック省レダナ工業団地、首相が承認(06/05)

HCM市の工業団地、インフラ整備求む声(06/05)

ビンソン製油、ハノイ証取上場を正式申請(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン