• 印刷する

最高裁、在庫の10%までBS4車の販売許可

インドの最高裁判所が27日に、現行の排ガス基準「バーラト・ステージ4(BS4)」適合車両の販売期間の延長を条件付きで許可したことが分かった。期間は全土の封鎖が終了してから10日以内とし、在庫の10%に限る。またデリー首都圏(NCR)は例外とし、一切の延長を認めない。NNAが法律ニュースのポータルサイト「ライブ・ロー」から入手した資料で明らかになった。

インド政府は今月25日から3週間にわたり全土を封鎖した。販売店がBS4適合車を期限の31日までに売り切るのは不可能な状況となったことから、自動車販売店協会連合(FADA)が最高裁に販売期間の延長を求めた。最高裁は、「封鎖解除後10日間、NCRを除く地域で、在庫の10%まで」との条件付きでの販売延長を認めた。

既に売れたものの、封鎖のために登録が完了していない車両に関しては、封鎖解除後に登録ができるとした。最高裁は、1週間以内に販売済み・未登録に該当する車両の詳細を報告するよう求めている。

FADAはこれまでにも2度、同裁に販売期間の延長を求めたがいずれも却下されていた。

FADAによると、在庫となっているBS4車両の台数は二輪車が70万台、乗用車が1万5,000台、商用車が1万2,000台。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

印から帰国者4人感染、累計228人=1日朝(14:20)

テイクオフ:インドと中国の間に緊張…(06/01)

都市封鎖、段階的に解除 経済再開で感染拡大の懸念も(06/01)

出稼ぎ労働者を都市部へ、政府が特別列車(06/01)

19年度のGDP成長率4.2%、11年ぶり低水準(06/01)

起亜自動車、南部工場拡張に58億円投資(06/01)

ダイムラー、南部工場の増強に228億ルピー(06/01)

二輪車市場、農村部で回復の兆し(06/01)

二輪TVS決算、昨年度は減収減益(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン