• 印刷する

テイクオフ:インドは21日間、全土…

インドは21日間、全土を封鎖中だ。必要不可欠なサービスや製品を除き、工場や企業の事務所は閉鎖している。モディ首相は24日の演説で国民に対し、家にとどまるよう訴えた。しかしその訴えに反し、大量の労働者が地方の生まれ故郷などを目指して移動を始めている。

彼らは首都など大都市でその日の稼ぎで生活していた人たちだ。封鎖期間中、職を奪われたために「生活していくすべがない」として都市を去る選択に迫られた。政府も無料の食料配布や避難所の設置など対策を進めているが、移動する人は後を絶たない。故郷の家を目指して、数百、数千キロを徒歩で移動するという。

労働者たちが再び都市に戻り、生活を再開するのには、また長い時間が必要だ。そのため、封鎖が終わっても、企業が国内の工場や事業所を再開するのにも、また長い時間を要するだろう。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

19年度の成長率4.2%、11年ぶり低水準(05/29)

30年で最大規模のバッタ襲来、食糧被害懸念(05/29)

テイクオフ:緊急事態宣言の解除後も…(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

二輪ロイヤル、四半期ごとに新型発売へ(05/29)

独VW、新たな購入支援策を導入(05/29)

空気圧縮機エルジ、中国子会社の閉鎖を決定(05/29)

日用品業界の設備稼働率、7割以上に回復(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン