• 印刷する

和碩、桃園市の工場用地・建屋取得

台湾のEMS(電子機器の受託製造サービス)大手、和碩聯合科技(ペガトロン)は27日、桃園市亀山区にある既存工場の用地と建屋を13億台湾元(約47億円)で取得すると発表した。台湾での生産能力の増強に充てる。

工場用地・建屋は、リチウムイオン電池の開発などを手掛ける迪吉亜節能科技(DIJIYA)から取得する。用地面積は約2,760坪で、建屋の延べ床面積は約1万417坪。

鉅亨網などによると、和碩は、「台湾での生産能力が限界に近づいており、新たに拠点を設ける」と説明した。生産品目には触れていないが、業界では、車載電子部門の強化が目的との観測が出ている。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

カルフール同業買収、専門家「全聯の脅威」(19:03)

新型コロナ感染者、2日連続ゼロ(18:00)

テイクオフ:先日、新北市のモーテル…(06/03)

新車へのコロナ悪影響続く 5月は1割減の3.3万台(06/03)

仁宝の桃園工場、ベトナム人労働者がスト(06/03)

台湾大哥大、自動車向けOTAで提携(06/03)

集合制限令と入境制限を延長、香港政府(06/03)

HTCがまたリストラ、5年で5度目(06/03)

ノートPC出荷、今年は8%減も=MIC(06/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン