運輸インフラに1000億Sドル、向こう10年で

シンガポール政府は向こう10年間で、鉄道や道路建設など運輸インフラの整備に約1,000億Sドル(約7兆5,600億円)を投じる。うち鉄道に大半の875億Sドル、バス関連事業に13億Sドル、既存道路の改修事業に72億Sドル、自転車専用道路の整備を含むアクティブ・モビリティー事業に1…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【ウィズコロナ】景気回復、各種制限が重しに 東南アジアのリスク・見通し(上)(16:08)

来月2日以降も在宅勤務、違反企業には罰則(16:51)

大学生に人気の就職先、4年連続でグーグル(16:56)

キャピタランド、モールの感染防止対策強化(15:27)

4月個人融資3%減、過去最大の下げ幅(16:55)

金融機関のAI活用、公正性保つ基準策定へ(15:27)

7~12月期の工業用地入札、6区画実施(16:08)

新規感染506人、計3万4366人(30日)(16:08)

新規感染611人、計3万3860人(29日)(16:08)

活動制限解除の第2期、6月末より前倒しも(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン