• 印刷する

SKTがオンライン株主総会、大手で初導入

韓国通信大手のSKテレコム(SKT)は26日、新型コロナウイルス感染症の拡大によるイベント開催の自粛要請を受け、定時株主総会をインターネット中継で開催した。同社は、株主総会のネット中継実施は韓国の大企業で初めてとしている。

同社の朴正浩(パク・ジョンホ)社長は「新型コロナの感染拡大が海外ローミング事業に打撃を与えているほか、子会社の新規株式公開(IPO)計画のずれ込みも予想される」と説明した。

その一方で、今回の事態が「デジタル技術を活用した非接触・非対面営業などの業務システムの構築を始める契機にもなる」との見方も示した。

オンラインで開催された株主総会であいさつする朴正浩(パク・ジョンホ)社長=韓国(同社提供)

オンラインで開催された株主総会であいさつする朴正浩(パク・ジョンホ)社長=韓国(同社提供)


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、38人増の1万1541人(21:12)

テイクオフ:教室で子どもたちが絵を…(06/02)

コロナ禍で輸出24%減 自動車が大幅減、長期化を懸念(06/02)

新型コロナ感染者、35人増の1万1503人(06/02)

マスク販売の5部制廃止、いつでも購入可能(06/02)

遊興施設にQRコード、10日から正式開始(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン