• 印刷する

マニラ空港、ターミナル1に運用集約

フィリピンのマニラ国際空港公団(MIAA)は26日、28日からニノイ・アキノ国際空港(NAIA)の運用をターミナル1に集約すると発表した。各国の入国規制で航空各社の運休が相次いでいるため、費用削減などを図る狙い。

日本航空や全日本空輸、大韓航空、カタール航空など計13社の国際線は、全てターミナル1の発着となる。ターミナル2~4の閉鎖で光熱費などの費用を削減するほか、空港地上支援業務(グランドハンドリング)も必要最小限に抑える。

フィリピン航空(PAL)を含む国内外の22社は、現時点でNAIAを結ぶ国際線を全便運休している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

マカティ市「小東京」で強盗、日本人被害(17:01)

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(14:33)

外出制限、段階解除か 経済優先、感染防止策は維持(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

食料品店は12時間営業を、大統領府(04/03)

比、7歳女児が死亡(04/03)

新型コロナ感染者2633人に、死者は107人(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン