物流業界の操業可否、活動制限令で混乱

航空・海運貨物取扱業者など1,300社以上が加盟するマレーシア貨物フォワーダー連盟(FMFF)は23日、政府に対して物流産業が生活に不可欠な「必須サービス」に該当するかどうか、明確な指針を発表するよう要請した。情報が交錯しているため、操業継続の可否を判断できないという…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:クアラルンプール中心部…(04/07)

制限令の中小企業影響を緩和 100億リンギの追加支援策を発表(04/07)

最長3四半期でマイナス成長も、SERC(04/07)

RM1=25.0円、$1=4.37RM(6日)(04/07)

ビール大手2社への操業許可、一転取消(04/07)

新型コロナ回復数、新規感染上回る(04/07)

首都4地域、感染のレッドゾーンに(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン