• 印刷する

《安全》健康申告書の提出義務、全入国者に拡大

シンガポールの移民局(ICA)は23日、新型コロナウイルスの感染対策の一環として、シンガポールに入国する全ての渡航者を対象に、27日午前9時から健康申告書の提出を義務付けると発表した。

対象者には、国民や永住権(PR)保持者、政府の規定で入国を認められた長期滞在ビザ保有者も含める。入国前にシンガポールの電子入国カード「SGアライバルカード」の専用サイト上で健康申告書の提出を義務付ける。

27日に入国する人が事前に準備できるよう、健康申告書は同日より前に専用サイトで提供を開始する。健康申告書の提出は入国日の3日前から受け付ける。

入国者の健康状態や渡航歴が変わった際には、健康申告書の再提出を求める。虚偽の申告をすれば、起訴する可能性もあるという。

入国前にサイト上で健康申告書を提出していない場合は、入国審査場で記入を求めるが、入国手続きには時間を要するという。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ下でシェア事業の需要増 カークラブ、人との接触回避で(01/22)

企業の4割、21年は採用増=人材会社調査(01/22)

島津製作所、PCR検出試薬キットを販売(01/22)

シンガポール航空、コロナ検査予約を試験運用(01/22)

現代自会長、シンガポールのR&D建設視察へ(01/22)

空港利用者数、20年はコロナ禍で83%減(01/22)

SIAエンジ、業務改革の第2弾始動(01/22)

5G振興に23億円拠出、中小企業に助成金(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン