入管、国際空港に旅客情報システムを導入

ラオス治安維持省入国管理局は、首都ビエンチャンのワッタイ空港など国内の国際空港で、事前旅客情報システム(APPS)と乗客予約記録(PNR)の運用を開始した。国営パテト・ラオ通信(KPL)が伝えた。 サイサミン入管局長によると、入管は2016年末、公共事業・運輸省民…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナへの対応など協議、月例閣議(05/26)

【日本の税務】消費税の免税について(05/26)

今年はマイナス成長も、新型コロナで世銀(05/25)

国連が百万米ドル、新型コロナ対応案件に(05/25)

麻薬流入続く、覚醒剤は押収量36倍に(05/22)

中央銀行、金融機関に返済猶予を要請(05/22)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(5月21日)(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン