コロナ禍でEC需要が急拡大 東南アジア、新常態で競争激化

新型コロナウイルスによる外出制限から家で過ごす人が増え、東南アジアの電子商取引(EC)業界に追い風が吹いている。シンガポールに本拠を置くEC大手では域内各地で注文が急増。ネット通販を多用する消費者の購買行動が「ニューノーマル(新常態)」になるとの見方が出ている…

関連国・地域: シンガポールASEAN
関連業種: 食品・飲料IT・通信小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:チャンギ空港内の大型複…(09/22)

海外資金流入額が3割増加 香港から移転、金融ハブ地位向上(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

複合ケッペル子会社、韓国の年金基金と提携(09/22)

保険大手AIA、人材育成制度を導入(09/22)

19年度タマネギ輸出、10万トン超で過去最高(09/22)

事業中断保険の契約者、補償に不安(09/22)

脱毛サロンの銀座カラー、店舗閉鎖(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン