• 印刷する

警察が基礎食品の購入制限、買い占め防止で

インドネシア国家警察は17日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う買い占めを防ぐため、基礎食品の購入を制限する通達を16日付で公布したと明らかにした。コメ、砂糖、食用油、インスタント麺の4品目について購入量の上限を設定した。

国家警察は、これら4品目は生活に欠かせない基礎食品であることから、パニック買いを起こして供給が逼迫(ひっぱく)すれば商品の価格が高騰すると説明し、国民に対して冷静を保つよう呼び掛けた。

17日ニュースサイト『デティックコム』によると、1回の購入限度量はコメが10キログラム、砂糖が2キロ、食用油が4リットル、インスタント麺が2箱。

パレンバン市のフィトリアンティ副市長が伝統市場を視察し、砂糖の価格動向を商人に尋ねた(アンタラ通信)

パレンバン市のフィトリアンティ副市長が伝統市場を視察し、砂糖の価格動向を商人に尋ねた(アンタラ通信)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コロナで4人目の死者、インドネシア人(11:42)

テイクオフ:こんな時だから飲みに行…(04/02)

入国拒否73カ国・地域、全入国者に待機要請(04/02)

2日から外国人の入国禁止 滞在許可所持者などは対象外(04/02)

地方政府が人の活動の制限可能に、大統領(04/02)

産業省、医療用防護具の生産を大幅に増強へ(04/02)

車メーカーの人工呼吸器生産、開始まで時間(04/02)

首都3駅始発の国鉄遠距離列車、44本を運休(04/02)

北スマトラのコンテナ港、初の国際貨物出荷(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン