• 印刷する

複合MPIC、MRT3号線の受注断念

フィリピンの複合企業メトロ・パシフィック・インベストメンツ(MPIC)のマヌエル・パンギリナン会長は、マニラ首都圏の都市高速鉄道(MRT)3号線の運営・保守(O&M)事業受注を断念する意向を表明した。16日付マニラタイムズなどが伝えた。

改修を含めた受注を目指していたが、政府が改修を日本企業に委託したため、O&M事業の入札に参加しないことを決めた。パンギリナン会長は記者団に対し、「もうどうでもよくなった」と述べ、MRT3号線のO&Mから撤退することを明らかにした。

MPICは、財閥アヤラ・コーポレーション、オーストラリア系のマッコーリー・インフラストラクチャー・ホールディングス(フィリピン)とコンソーシアム(企業連合)を結成し、2017年にMRT3号線の改修およびO&M事業を提案。同年に運輸省から、落札の際に有利な立場となる優先事業者の認定を受けていたが、運輸省は18年12月、改修事業を住友商事と三菱重工エンジニアリングに委託することを決定した。

O&Mについては、入札で事業者を決めることになっている。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

災害事態宣言を1年延長、大統領(09/18)

コロナ感染新たに3257人、計27万9526人(09/18)

経営者の5割、事業「深刻」 コロナ影響、売上高減に=PwC(09/18)

公共交通の社会的距離縮小、一時停止(09/18)

コロナ感染新たに3375人、計27万6289人(09/18)

輸入車販売、1~8月は49%減(09/18)

住友電装、ワイヤハーネス工場を新設(09/18)

三菱電機、FA製品サービス拠点を開設(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン